‘未分類’ カテゴリー

自己処理忘れがないか要チェック

脱毛サロンに施術に行く前に忘れずにやらなくてはならないことは、脱毛部分のシェービングです。脱毛サロンで行う脱毛方法は光脱毛と言って、毛に光を当てて脱毛していく方法で、黒い毛に反応します。光脱毛が肌にやさしいと言われているのは、光が黒い毛だけに反応するので皮膚に影響を及ぼさないからです。

なぜサロンに行く前にシェービングをするかというと、長く伸びた黒い毛に光が反応して痛みが出るためです。脱毛サロンではシュービングはしないで、お客様が自分で行うことにしています。資格のない人は他人の肌にカミソリを当ててはいけないからです。

シェービングは施術日の2日前までには終わらせるようにしなければなりません。前日や当日にシェービングをして、万が一傷をつけてしまったり、赤くなってしまうと施術することができませんので、2日前には終わらせて保湿をして施術日を迎えた方が安全です。

脱毛する場所が足やワキならば、自分で確認しながらシェービングができるので問題ないのですが、背中は一人でシェービングするのは難しいです。鏡を見ながら工夫してやる人もいますが、誰かにお願いできるのならばやってもらった方が安全です。そして、シェービングが終わったら自己処理忘れがないかどうか確認しましょう。

自分に合ったプラン選び

フラッシュ脱毛や、レーザー脱毛など、様々な脱毛の方法がありますが、
どの方法でも一度に全ての毛をなくすことはできません。

なぜなら、人の毛は生え変わりのサイクルがあり、
生えてから抜け落ちるまでを繰り返しているためです。

脱毛の施術で、光を照射しても、成長期以外の毛には効果がありません。
そのために、何度も施術を繰り返す必要があります。

脱毛には色々なプランがあります。
一度お金を払ってしまえば、何度でも通い放題になるコースや、
一回ごとに都度払いのコース、決められた回数のみ通えるコースなどです。

最後の一本まで残らず脱毛したい場合は、通い放題のコースがいいですし、
どこまで脱毛したいかによって、選び方は異なります。

そして、脱毛は、黒い色に反応する光を照射していくので、
ワキなどの濃い毛には効果的に反応します。
しかし、背中の毛は、産毛のような薄い毛であることが多いために、
施術を受けてもワキほど効果がないことがあります。

背中の毛は薄いですが、面積としては広いので、水着などの着るときに目立ちます。
きちんと脱毛したい場合は、通い放題のコースにすることがいいでしょう。
通い放題のコースは高い場合があるので、ある程度で構わない時は、
決められた回数のみ通えるコースにすることができます。

背中脱毛の流れ

背中のムダ毛の処理は、自分ではなかなか手の届きにくい場所です。
自分の背中に果たしてどれくらいのムダ毛が生えているのか、把握している人はほとんどいないのではないでしょうか。
???? Vol.140 ????-?????

普段は衣服に隠れていても、夏場に露出が増えてくると、気になってくる人も多いはずです。
エステサロンで背中脱毛する場合は、施術前の自己処理や日焼けは厳禁ですので、十分注意しておきましょう。

脱毛当日の流れとしては、まず、施術前に専用のガウンに着替えます。
背中の下部を脱毛する場合には、紙ショーツに履きかえることもありますので、スカートやワンピースなどの着脱しやすい服装で臨むようにしてください。

ベッドにうつ伏せに寝ころび、電気シェーバーでムダ毛を一度処理しておきます。
電気シェーバーは、エステサロンが用意している場合と、自分で持参しなければならない場合がありますので、事前に確認するようにしてください。

その後、専用のジェルで毛の周りの皮膚を柔らかく保ち、滑りをよくして光を当てていきます。
脱毛が終ると、ジェルとムダ毛をふき取り、保湿ケアを施して施術は修了となります。

背中はにきびや肌荒れが起こりやすい部分なので、ビタミンC入りのローションをアフターケアに取り入れるエステサロンもあるようです。

産毛が大半なので時間がかかる

近年では様々な脱毛技術の進歩により、全身脱毛や永久脱毛を気軽に受けられるような設備が整えられており、クリニックやエステで契約すると本格的な施術プランを受けられる傾向にあります。

海09
用いられる脱毛方法は医療レーザーもしくはフラッシュ方式によるものが主流ですが、これらは毛に多く含まれているメラニン色素に対して反応し、加熱処理で毛根組織の発毛機能を消失させるメカニズムとなっています。

その為、色素が薄く細い特性を持つ産毛に対しては対応できない場合があり、これらの多い部位となる背中や顔といった箇所に対してはやや不利な結果となってしまう可能性が高く、施術自体に時間を要したり、より多くの回数を重ねないと効果を実感できない状況を考慮しなければなりません。

色素が薄めであっても、基本的に医療レーザーの熱量調整などをうまく利用して脱毛する事は不可能ではありませんが、極端に細い毛は医療レーザーやフラッシュ方式では対応しきれず、自己処理に頼るか部分的なニードル脱毛を選ぶ必要性が生じてきます。

このような状況においては、医療レーザーやフラッシュ方式で処理できる毛のみを予め脱毛しておき、その後でニードル脱毛を受ける二重式が効果的となります。

広範囲なので料金もやや高め

自分でムダ毛のお手入れをすると、カミソリでお肌を傷つけてしまったり剃り残しができてしまったりします。あまり頻繁に繰り返していると、毛穴が黒ずんできたりブツブツができてしまったりすることもあるでしょう。

また、お手入れは面倒な上に時間もかかります。しかし、ムダ毛があるとノースリーブの洋服や水着といったおしゃれを思いっきり楽しむことができないでしょう。

そうした理由から脱毛サロンでのお手入れに通う女性がたくさんいます。中でも目立つ部位と自分で処理しにくい部位は人気が高いでしょう。背中脱毛も人気の部位の一つです。

手が届きにくい部位であるため、どうしてもお手入れをさぼりがちになってしまったり剃り残しができてしまったりしやすいでしょう。脱毛サロンでのお手入れがおすすめです。しかし、脱毛サロンでの施術に関して難点があるとすれば、背中は広範囲を脱毛することになるので料金が高額になりがちだということでしょう。

背中上、背中下と2箇所に分かれており、一箇所それぞれ一回あたり5,000円程度かかるのでそれなりに費用がかかります。ただ、きれいなお肌は一度手に入れることができれば一生モノの財産であることに間違いないでしょう。どうせお手入れするなら、お肌のためにも早くから取り組むのがおすすめです。

背中脱毛の欠点

背中は産毛がよく生えるのですが、自分で処理をするのが難しい部位でもあります。そんな背中の産毛が気になった時には脱毛専門のサロンなどで一気に脱毛してもらおうと考える女性もいることでしょう。
海08

専門のサロンであれば産毛を綺麗に脱毛してもらえますし、産毛の毛穴が原因で皮膚が黒ずんでいた場合も解消することが出来ます。

このようにメリットの多い背中脱毛ですが、一方で欠点も存在しています。
それは背中の脱毛には時間がかかるということです。

背中の毛はほとんど産毛だからすぐに終わると考えている方もいるかもしれませんが、基本的にサロンなどにある脱毛器は太い毛を脱毛するためにつくられているため、産毛のような細い毛を処理するには向いていないのです。

また背中に生えている毛は密集しているため、脱毛に使われる特殊な光を毛に万遍なく照射することが難しくなっています。背中の脱毛は広範囲に及びますからより一層難度は増すといえます。
こうしたことから背中の脱毛は長期間にわたって徐々に毛量を減らしていくしかなく、最低でも2年に及んで定期的な施術を受けなければいけないという欠点があるのです。

そのため、なにか予定があって背中を脱毛したいと考えた時にはなるべく早くから準備をしておく必要があります。

タトゥーがある方はカウンセリング時に伝えましょう

エステサロンで受けられる光脱毛や、美容皮膚科などの医療機関でのみ行われているレーザー脱毛は、黒い色に反応し無駄毛を処理する脱毛法となっています。

光やレーザーを肌に照射すると、黒い色のメラニン色素を含んだ毛根部分に熱が加えられ、無駄毛を毛根から脱毛する事が出来るのです。

黒い色に反応し無駄毛を処理する脱毛法なので、タトゥーなどの刺青がある方は、事前に必ずその事を伝えましょう。
刺青がある事は、なるべく秘密にしたいという方も、いるかもしれません。
ですが、カウンセリング時に、刺青の事はきちんと話す事をお勧めします。

もし、刺青がある部分に光やレーザーを照射してしまうと、刺青に使われている色素が熱を吸収してしまうのです。
皮膚に直接光やレーザーの熱が加わるので、火傷を起こしてしまいます。
ですので、肌トラブルを避ける為にも、必ず刺青がある事を、エステサロンやクリニック側に伝える事が大切です。

背中などに刺青がある場合、絶対に脱毛出来ないという訳ではなく、場合によっては刺青の部分を避けて施術を行う事が可能となっています。

自分のケースでは、脱毛できるかどうかもチェックしてもらう為に、最初のカウンセリングの時に刺青の事を伝えましょう。

脱毛前の自己処理に気をつけて

どの脱毛方法でも、施術を受ける1~2日前に、ムダ毛の自己処理をする必要があります。
これは、フラッシュ脱毛やレーザー脱毛では、黒い色素に反応する光を照射して脱毛していくので、
長い毛があると光が反応しすぎてしまい、ヤケドの恐れがあるためです。
海06
ですから、脱毛前にムダ毛のお手入れをしなければいけないのです。
腕や脚などは自分の目で見ながら行えるので比較的安全ですが、背中などは直接見ることができないために、特に注意が必要です。

特にカミソリを使う場合は、お肌を傷つけてしまうので、電動のシェーバーを使った方が安全に行えます。刃がお肌に当たらないと処理できないので、家族などに頼める場合はお願いした方がいいでしょう。

一人暮らしなどで頼める人がいない状態で、無理に行うとケガをしてしまいます。
どうしても出来ないような時は、電話で問い合わせてみると、有料で施術前に処理してくれるところもあります。

その分早く行くことにもなりますので、連絡は早目にしましょう。
ケガをしている状態では、脱毛の施術が受けられなくなってしまうこともあります。
その場合、ケガが治る頃に予約を取り直さなければいけないので、無理はしないことが大切です。

背中脱毛の危険

海07自宅でムダ毛の処理を行う事が出来るという事が、家庭用脱毛器という商品の魅力です。性能は年々向上しており、エステサロンや脱毛サロン等で使用されている業務用の脱毛器と変わらないレベルの製品も開発されています。光を利用するという内容であり、短時間で施術を完了させる事が出来るのもメリットとなっています。

ただし、家庭用脱毛器にも限界はあります。処理をしたい部分のムダ毛に光を照射するという方法なので、肉眼で確認できない部分に対しては行う事が出来ません。このために、家庭用脱毛器での背中脱毛は危険とされています。

これに対して、エステティックサロンや脱毛サロンでは、皮膚の状態を確認しながら施術が行われるので、トラブルが発生する危険はほとんどありません。ムダ毛を処理するという部分では、進化し続けている家庭用脱毛器ですが、全ての部位に対してプロと同じレベルに達しているというわけではありません。

光を利用しての脱毛は、痛みが少ないので安全性の高い方法として知られています。しかし、黒い部分に反応するので、色素により変色した部分は熱を感じてしまいます。

目で見る事が出来ない部分に対して光を照射すると異常が生じてしまう可能性があります。これらの部分に対しての脱毛は、プロに任せるのが適切と言えます。