産毛が大半なので時間がかかる

近年では様々な脱毛技術の進歩により、全身脱毛や永久脱毛を気軽に受けられるような設備が整えられており、クリニックやエステで契約すると本格的な施術プランを受けられる傾向にあります。

海09
用いられる脱毛方法は医療レーザーもしくはフラッシュ方式によるものが主流ですが、これらは毛に多く含まれているメラニン色素に対して反応し、加熱処理で毛根組織の発毛機能を消失させるメカニズムとなっています。

その為、色素が薄く細い特性を持つ産毛に対しては対応できない場合があり、これらの多い部位となる背中や顔といった箇所に対してはやや不利な結果となってしまう可能性が高く、施術自体に時間を要したり、より多くの回数を重ねないと効果を実感できない状況を考慮しなければなりません。

色素が薄めであっても、基本的に医療レーザーの熱量調整などをうまく利用して脱毛する事は不可能ではありませんが、極端に細い毛は医療レーザーやフラッシュ方式では対応しきれず、自己処理に頼るか部分的なニードル脱毛を選ぶ必要性が生じてきます。

このような状況においては、医療レーザーやフラッシュ方式で処理できる毛のみを予め脱毛しておき、その後でニードル脱毛を受ける二重式が効果的となります。

コメントは受け付けていません。